エンディングノートに、絶対に書いてはいけない内容とは一体!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンディングノートの内容と書き方とは

どんなに偉い人でも、

どれだけ資産を持っていても、

人にはいつか必ず「最期の日」は訪れます。

「世界帝王」として君臨された、

デイヴィッド・ロックフェラー氏も、

102歳の誕生日を前に亡くなられました。

「6回」の心臓移植手術を乗り越えても、

来るものは来てしまったようです。

超富裕層は一般人よりも、

少しは長生きできそうですが、

それでも人間の寿命は、

せいぜい100歳程度ですよね。

しかも自分の意思を正しく伝えられるのは、

いったい何歳程度までなのでしょうか?

たとえどんな権力者でも、

どんな大富豪であっても、

終の日は必ずやってくるものなのです。

そこで今回は、

「エンディングノート」について、

ちょっと書いておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




エンディングンートとは何?

「Ending Note」を直訳すれば、

それは「終了帳」となりますが、

「終の記し」とも言えば良いでしょうか。

人生には様々な色や形があって、

誰もが同じ道を歩む事はないですよね。

ご高齢の身内を介護されている方には、

わかりやすい話かもしれません。

「まだ最期だなんて考えられないよ!」

と言う方であっても、

エンディングノートについては、

知っていて損はありませんよ。

愛する者たちの為に残す、

エンディングノートはどなたにも、

是非知って頂きたいものの一つです。

「エンディングノート」という言葉自体は、

あなたも、

なんとなく耳にした事はあると思います。

しかしいったいどんな内容を書くのか、

突然考えるとそれは、

ちょっと戸惑いますね。

エンディングノートと言われても、

書き方が分からないという方が、

実はほとんどなのでは?

とも思ってしまいます。

でも難しく考える必要はありません。

自分自身への備忘録という見方もできます。

実はエンディングノートとは、

「自分が愛する人の為に書き残すもの」

なのです。

今回は、エンディングノートに残すべき内容や、

その書き方を簡単にお伝えしようと思います。

思いを伝えるエンディングノート

遺言書と聞くと難しそうに感じますね。

それは法律の力を借りて残すものだからです。

相続される財産がある人は、

遺族が困ったり揉めたりしないように、

法律家に相談しておきたいですよね。

でもエンディングノートには、

法的になんの効力もありません。

「ならなぜ書き残すの?」

と疑問を持たれたかもしれませんね。

エンディングノートは、

想いを家族に伝えてくれる、

あなたの口の代わりになる物なのです。

エンディングノートを書くというと、

少々構えた気持ちになりがちですね。

しかし全部完璧に書こうとするのではなく、

まずは書けるところから、

少しずつ始めてみましょう。

ただしエンディングノートは、

遺言状と違いますので、

法的な効力はありませんのでご注意ください。

せっかく苦労して書きだしたのに、

法的に効果がないのなら意味がない?

とあなたはお考えでしょうか。

しかしエンディングノートには、

その果たすべき役割がきちんとあります。

「財産、資産の事はしっかり遺言書」

で伝える事で、

無用なトラブルを避けることができます。

身内や子孫の骨肉の争いなんて、

本当に嫌ですよね。

それでは天に召されても浮ばれません。

遺言書をきちんと残すことによって、

生前の自分の意思を尊重させて、

没後のトラブルを避ける事ができます。

これに対してエンディングノートは、

自分の意思で想いを伝える事が、

とても困難になった時の、

あなたのの口の代わりになるものです。

このエンディングノートの特徴を、

少し理解して頂けたでしょうか?

そう考えるとエンディングノートは、

今から書き始めても良いと言う事ですね。

まだ自分の意思を、

きちんと自分で伝える事ができる「今」、

すぐに書き始めてはいかがでしょうか。

または誕生日やお正月などの節目から、

書き始めるのもアリですね。

若く健康なうちに書き始めましょう。

具合が悪くなってからでは、

あなたの想いを正しく伝えることは、

とても難しくなってしまいます。

突然具合が悪くなってしまったり、

なんらかの事故に巻き込まれる、

そんな危険も毎日隣合わせですよね。

だからこそ遺言書とは別に、

エンディングノートを残すべきなんですね。

財産分与は最終的には、

法律で解決されていくことになります。

でもあなたの「家族への想い」があるのなら、

それはエンディングノートに残すべきです。

デジタルでも残せるエンディングノート

エンディングノートは、

音声で残しても構いません。

スマホのアプリを使って録音して、

保存しておくのもアリです。

そしてクラウドストレージ、

例えば「DropBox」や「iCloud」などに、

バックアップをしておけば更に安心です。

またノートのページ自体を撮影して、

スマホやクラウドストレージに保存するのも、

一つの案にはなります。

残された家族に対しての、

あなたの精一杯の愛情の証拠として、

作っておくべきものが、

エンディングノートなんです。

最近ではエンディングノートのテンプレートが、

無料でダウンロードもできるんですよ。

例えばこちらのサイト

「 @nifty  暮らしづくり 終活 」

そして書き上げたノートを、

PCに保存したりバックアップしておくのも、

一つの書き方にはなります。

このテンプレートを使った方法ならば、

何を書き込めば良いか迷いませんし、

随時更新していけるのもいいですね。

アナログ的には多くの文具店や、

本屋さんなんかでもノートは取り扱っています。

エンディングノートの書き方

さて、エンディングノートに書き込む内容と、

その書き方についてですよね。

必要な事を穴埋め式で、

書き込めるようになっている、

便利なテンプレートもあります。

そのテンプレートを使うと、

書き始める事に、

あまり苦労しなくて良いですよ。

主に、生前の項目で中心になるものは、

このような事ではないでしょうか。

・病名の告知を受けるか受けないか
 (告知についての考え方や希望)
・延命治療や献体、移植に関する考え方や気持ち
・介護についての希望要望

この3つが明確であればあるほど、

自分の周囲にいてくれる家族にとっては、

重要な判断の助けになります。

自分が意思表示をできなくても、

エンディングノートを共有する事で、

愛する者たちへの思いやりにも繋がるのです。

「私が意思表示ができなくなったら、

何処何処にエンディングノートがあるから、

それを見て対応して欲しい」

そのように配偶者や子孫に、

今から伝えておけば良いのです。

資産の状況や相続の割合など、

具体的なものは遺言書にして、

信頼の置ける弁護士や司法書士などに、

あらかじめ託しておきましょう。

最近ではビットコインなどに代表される、

暗号通貨(仮想通貨)を資産として、

たくさん持たれている方も存在します。

しかし具体的なウォレットや暗証コードを、

それをエンディングノートに記すのは、

それはとても危険ですね。

例えば「エンディングノートは、

家庭用防犯金庫の中にあるよ!」

と伝えておけば良いのです。

またFXなどのトレーディングの、

その口座があることも記しておくべきです。

レバレッジっがかかっていて、

巨額の損失が出たりすると、

せっかくの財産もなくなってしまいます。

子孫には「負の財産」は残したくないですよね。

エンディングノートは、

「こんなものがあるよ」

「こんな事をしているよ」と、

身内に伝えることができればいいのです。

意思表示ができなくなったことを考えて、

今からすぐにでも書き始めましょう。

何よりも自分に対しての備忘録にもなります。

エンディングノートの具体的な項目は?

書き残しておくべき項目について、

オススメのものを以下に記しますね。

1、自分自身のこと
   (本籍や血液型など)

2、今の自分自身のこと
   (趣味や特技や好きな物事)

3、今までの関わり
   (お世話になった人)

4、医療
   (告知・延命・保険・遺骨・墓)

必ず来るその日のために

死後の項目ではやはり誰もが悩むのは、

・葬儀やお骨(お墓)の事

・法事法要について

・財産(資産)の相続について

だと思います。

特に葬儀は自分の思いを明確にしておいてくれると、

残された家族にとっては、

いたずらに悩む事はありません。

例えば「葬儀はなるべく質素にしたい」

とノートに残しておいたとします。

そうしておけば葬儀に対しての、

「どれだけの規模で行うか?」

という遺族の悩みも大幅に軽減できます。

また葬儀屋さんの、

「最後の親孝行ですから、盛大に送りましょう」

なんていう言葉に釣られる事もなくなります。

多額の費用を葬儀代にかけてしまう、

そんな事も無くなります。

残された愛するものたちの事を考えれば、

無駄は省いてできるだけ資産を残してあげたい、

そう思うのが一般的ではないでしょうか。

資産や負債・投資などに関することも、

ノートに記しておくことをお勧めします。

 現金、
 預金口座、
 投資、
 暗号通貨(仮想通貨)、
 金などのコモディティ、
 負債、
 貸しているお金、
 土地、
 建物、
 など。

それとPCのパスワード関係とか、

重要なフォルダーのPWなども、

どこかに保管しておくべきですね。

おすすめの終活アプリとは

現在は様々なアプリが登場していて、

とても便利な世の中になっています。

終活アプリも現在はあって、

私はこれを活用しています。

アナログのノートを残すのも良いですが、

アプリに登録しておけば、

あとで見てもらうのも楽ですね。

しかもいつもは自分の手元にあるのですから、

「見られて恥ずかしい」なんてこともありません。

私が終活用におすすめなのが、

以下のアプリになります。

うまく使い分けをすると、

自分の資産もきちんと把握できます。

そしてうまく整理もつきますので、

上手に活用して見てください。

100年ノート

エターナルメッセージ

感謝の言葉を残しておきましょう

延命治療や処置の事、

葬儀やお墓の事、

財産関係の事、

などを詳しく書きこんだら、

その次には何を書きましょうか。

是非残しておきたいものとしては、

感謝の気持ちと言葉になります。

家族や友人など大切な方、

お世話になった方などに、

その気持ちを残しておきましょう。

面と向かっては照れてしまう事でも、

文章にすると残しやすいですね。

感謝の気持ちと言葉は必ず、

エンディングノートに残しましょう。

書いている時から、

穏やかな優しい気持ちになります。

そして何より愛するもの達への感謝の念を、

改めて意識する事ができますよ。

とてもオススメです。

いつの日か「最期」を迎えた後、

そのエンディングノートを、

家族が手にしたらどうでしょうか。

あなたの想いがノートから伝われば、

悲しみが笑顔に変わるでしょう。

あなたが最期にできる、

最高の贈り物になるにちがいありません。

エンディングノートをせっかく書いても

見つけてもらえなければ意味がありませんよね。

大切にしまっておきたい気持ちは、

それは当たり前の事ですね。

でもいざという時に見つけてもらわなければ、

意味のないものになってしまいます。

家族に見つけてもらいやすい所、

でも普段は目につかない所、

そんな場所を探してみましょう。

エンディングノートを書いている宣言!

できればエンディングノートを書いているよ!

と周囲の人に伝えておくのがベストです。

何かの際に見てもらえるように、

あらかじめ話しておくといいですね。

エンディングノートには書くだけではなく、

写真や手紙など思い出のものも、

一緒にはさんでおきましょう。

想い出帳のような扱いで、

書いていけば良いのではないでしょうか?

自分の思いがたくさん詰まった、

温かいエンディングノートができますね。

いかがだったでしょうか。

エンディングノートに決まりはありません。

自分らしく自由に書いて良いのです。

家族が困らないように、

迷わずに済むように・・・と、

したためるノートなのです。

結果的に自分の代わりに、

家族に意思を伝えてくれます。

あなたの愛情と感謝の言葉が、

大切な愛する人の宝物になりますように。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です