厄年の女性への贈り物で悩むな!厄年女性が喜ぶプレゼントの決定版!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

厄年の女性にプレゼントをするならこれ!という決定版!

厄年は、なにかとてつもない、

とても悪いことが起こるの?

などとついつい考えがちですよね。

そのため、昔から人々は、

厄年になると厄除けのお参りに行き、

身につけておくためのお守りを買うなど、

さまざまな習慣を持ってきました。

今回は、

その厄年の女性へ贈り物をする際の、

プレゼント商品の決定版をお伝えします。

実は失礼なプレゼントも!?厄年の女性への絶対NGな贈り物とは?

厄年の女性には、

どんなものをプレゼントしたら良いか、

また失礼には当たらないか、

どうしたら喜んでもらえるかを、

今回は調べましたよ。

厄年の女性に何をプレゼントすべきか、

あなたは色々悩んでいませんか。

この記事は、

厄年の女性へのプレゼントを決める際に、

あなたのお役にキッと立つと思います。

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク




ところで女性の厄年って、そもそもいつ?

厄年とは、一生の中で、

悪いことが起こりやすい時期、

悪いことに遭遇する可能性が高い、

そんな年齢のことだと言われています。

それは何かの、

悪い出来事であるかもしれませんし、

病にかかってしまうことかもしれません。

とにかく災難に遭遇しやすい時期なので、

行動を慎みあらため、

静かにやり過ごすことが良いと、

昔から言われてきました。

女性の厄年(本厄)は数え年で、

「19歳・33歳・37歳・61歳」

となっています。

そのなかの33歳は大厄と言われていて、

最も注意しなければいけない時期、

とされてきました。

その理由は、

昔の女性は子供を沢山産み育てました。

33歳のこの時期は、

連続する出産と子育ての真最中ですね。

昔は今ほど医療制度も整っていませんでしたし、

栄養状態も良くはありませんでした。

「産後の肥立ち」が悪いままに、

体調を崩す女性も多かったのです。

ちなみに産後の肥立ちとは、

妊娠・出産を終えた女性が、

妊娠前の状態までに、

体調が回復することです。

産後の肥立ちが悪いと、

時には命にかかわることもあります。

ですから、この時期は特に注意しましょう!

と昔から言われ続けているのです。

厄年には、

厄除けの祈願に行く人も多いと思います。

厄払いをしてもらうことによって、

不安だった気持ちもスッキリして、

この一年をうまく乗り切ろう!

と心を改めるためなのですね!

厄年の女性に贈るプレゼントの決め方!

家族や知人に厄年の人がいたら、

どこかにお参りに行った際に、

お守りや厄除けのお札を買い求め、

それをプレゼントする人も多いかと思います。

相手の幸せや健康を願い、

今年一年何事もないようにと、

思いを込めてプレゼントをするのです。

今回は「厄年の女性」へプレゼントするのに、

ふさわしいものをご紹介しましょう。

厄年の方には、お守りの代わりに、

「長いもの・七色のもの・鱗模様のもの」

を贈ることがよいとされています。

◆長いもの・・・

「長寿・健康」の象徴。

◆七色のもの・・・

「七難即滅 七福即生」という、

仁王般若経(にんのうはんにゃきょう)

にある言葉からきています。

この経を読むことによって七難が去り、

七福(寿命・人望・財福・愛敬・清廉・威光・大量)が、

訪れるようにとの意味が込められています。

また七福神

(恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、
福禄寿、寿老人、布袋)

を象徴しているという説もあります。

さらには、空海が旅立つ際に、

7色の小物を用意したという説など、

いろいろな解釈があるようです。

◆鱗模様のもの・・・

これは蛇をイメージしていて、

蛇は神様のつかいであり、

邪悪なものを祓ってくれる、

という説からのようです。

蛇は体も寿命も長い生き物なので、

長寿の意味も兼ね添えているので、

縁起物とされているようです。

では、この3点を踏まえた上での、

厄年の女性に贈っても良い、

具体的なプレゼントをご紹介しましょう!

厄年の女性への贈り物!決定版!

●ネックレス・・・

ダイヤモンド、真珠などの、

七色の光りを放つ石がついていたら効果倍増!

予算を抑えたい方は、

水晶やガーネットなど、

魔除けの意味を持つ、

パワーストーンがついたものをお勧めします。

●ブレスレット・・・

ネックレスもいいのですが、

ブレスレットは手首につけるので、

常に自分の目に触れます。

いつも眺めることにより、

心の不安を取り除いてくれる効果があります。

こちらもダイヤモンドや、

または真珠がついたものを選びましょう。

それ以外でしたらパワーストーン店などで、

リーズナブルに手に入るものもあります。

ご予算に合わせて選んでみましょう。

●お財布orバッグ・・・

鱗模様の革製品を選びましょう。

女性はバッグ類に関しては、

すでにたくさん持っていても、

さらに欲しくなる物なんです。

洋服とコーディネートするのに、

バッグの種類は多い方が楽ですしね。

厄年の女性のプレゼントは何が良い?まとめ

厄年や厄除けのプレゼントについて、

ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

プレゼントについては、

マフラーやスカーフ、ベルトなどがお勧め、

と書いてあるのを良く目にします。

しかしマフラーは冬の間しか使えず、

スカーフもファッションに取り入れてる人は、

なかなか見当たりませんね。

ベルトはどちらかというと、

消耗品のイメージです。

(どちらかと言うと男性向きのプレゼントですね)

やはり身を守ってくれて、

お守り代わりにいつも身につけられるもの、

常に持っていられるものの観点から、

ネッックレス、

ブレスレット、

お財布・バッグ、

以上の3点をお勧めいたします。

喜んで長く使っていただけるものを、

常に身につけてもらい、

うまく厄年を乗り切っていただければ、

プレゼントしたあなたも嬉しいですよね。

厄年にプレゼントを受け取った女性には、

「あなたからの贈り物で厄年を乗り切れた」

そう思っていただきたいですね。

あなたからのプレゼントが、

厄年を乗り切るアイテムになった、

そうなることをお祈りして、

この記事を終えたいと思います。

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

実は失礼なプレゼントも!?厄年の女性への絶対NGな贈り物とは?

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です