お礼状の正しい書き方は縦書きが基本!キティちゃんの便箋は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しいお礼状の書き方!きちんとした「縦書き」で気持ちを伝える。

親戚や知人の方から、

お祝いをいただく機会は、

結構多いことと思います。

お誕生日祝い、入学祝い、

成人式のお祝いや就職祝い、

そして結婚祝いなど。

相手はこちらのお祝い事を喜び、

一緒にお祝いしたいという気持ちで、

送って下さいました。

そんな相手の方のお気持ちに対して、

あなたからは「お礼状」を、

すぐにでも出す必要があります。

普段はメールばかりで、

手紙を書き慣れていない方も、

多々いらっしゃるのではと思います。

ここでは、

きちんとしたお礼状の書き方について、

ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




正しいお礼状は「縦書き」です

お祝いは基本的に、

目上の方からいただくことが、

ほとんどではないかと思います。

そんな目上の方に対するお手紙は、

きちんとした失礼のないような、

お礼状にしたいものですね。

ファンシーな便箋でも良いの?

そこでまずは、

便箋と封筒選びが重要になります。

お友達にはいつもカラフルで、

可愛らしいキャラクターの入った、

横書きの便箋を使っているかもしれません。

でもお礼状は、

白無地の縦書きの、

シンプルな便箋にしてください。

白無地の縦書きの、

シンプルな便箋と封筒がポイントです。

シンプルにお礼の気持ちを伝える、

気にかけて下さった方に対して、

真摯な気持ちを表しましょう。

そのためには、

使う便箋もきちんとしたものの方が、

相手に気持ちが伝わりやすいのです。

お礼状の文面についての基本

本文は縦書きで書きましょう。

・ 「拝啓」で始まり、

・ 季節の挨拶

・ お祝いに対するお礼の言葉

・ 近況報告

例えば就職祝いをいただいた方は、

どんな会社に入るのか?

どんな仕事をするのか?

などを報告します。

また職場の場所や雰囲気などについて、

報告しても良いでしょう。

・ これからの抱負

・ 相手への気遣いの言葉

お身体ご自愛くださいませ、など。

「敬具」で締めます。

その後に、

・ 日付

・ 相手のお名前(「様」をつけて)

大体このような内容ですが、

あまり形式にとらわれ過ぎてもいけません。

何かを丸写ししたような感じで、

読んだ方に心が伝わりませんね。

ですから自分の言葉で、

素直な気持ちをそのまま綴った方が、

その思いが相手に伝わると思います。

ただし、

いただいた「お祝い」に対するお礼の言葉は、

忘れずに必ず入れるようにしましょう。

お礼状はいつ出せば良いの?

お礼の手紙はすぐに出すという事が、

昔から礼儀とされています。

お祝いをいただいたその日に、

すぐに返事を書くのが一番です。

少なくともお祝いが届いてから、

2~3日中には、

お礼状を出すようにしましょう。

お祝いをいただくと、

お返しはどうしよう?

お返しの品は何にしよう?

といったことに、

頭が集中してしまいますね。

しかしお祝いが届いて、

すぐにお返しの品をお送りすることは、

却って失礼にあたるとされています。

ここはちょっとご注意くださいね。

(お返しをしなくてもいいとされる、

お祝い事もあります)

お返しよりも、まずはお礼状が大切です。

嬉しかった気持ちを、すぐに相手に伝える。

この気持ちが一番なのです。

ですからお礼状は一刻も早く、

相手に届くようにしたいものです。

正しいお礼状の書き方は縦書きまとめ

正しいお礼状の出し方について、

ご紹介してきました。

いかがでしたか。

お礼の気持ちはお手紙にして丁寧に伝える。

その書き方は、

きちんとした便箋と封筒に縦書きで、

素直な気持ちを綴るということです。

お祝いをいただくということは、

相手の真心を受け取るということですね。

その真心に対して、

こちらからも誠意の気持ちを文字にして、

少しでも早くお礼状としてお送りするのが、

きちんとしたお礼の仕方ではないでしょうか?

もし、これからお礼状を書く機会がある時には、

ぜひこれらのことを参考にして、

真心を込めていただけたらと思います。

お礼状をいただいて嫌がる人はいません。

正しいお礼状を送るだけで、

あなたの人間性の評価は、

グッーっと上がりますよ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です