お歳暮は一年の感謝を伝える重要な儀式!最も最適な渡す時期とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

百貨店のお歳暮商戦の開始時期が、

年々早まっています。

正しい時期はいつなのか・・・

って、悩むことありませんか?

早すぎても、失礼にあたります。

かといって、遅くなりすぎても、

年末のあわただしい時期には

迷惑になる可能性も高いですし。

贈る時期を逃さず、

一年の感謝の気持ちを伝えに行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




失敗しない!最も適切なお歳暮を渡す時期とは!?

お歳暮はもともと、

「すす払い」に合わせて、

12/13~12/20頃と時期が決まっていました。

すす払いとは、

12/13ころから新年を迎える準備を始める習慣のこと。

最近ではあまり言いませんね。

地域によってもお歳暮の時期は

多少異なります。

大きく分けると2ケに分けられます

◆12/1~12/20 

関東

◆12/10~12/20

北海道・東北・北陸・東海・

関西・中国・四国・九州

昔は訪問の上、手渡しをしていたことから、

お歳暮は年末年始のあわただしい時期をさけるルールです。

20日頃、遅くとも12/25頃まで

に届けるのがいいですね。

ただし、生鮮食品などは、

お正月に近い日付の方が受け取る側も助かります。

適切な時期が過ぎてしまった場合

c668237b52ef9a538f25e4950ef44d38_s

表書きに「お歳暮」が使えるのは

12/31までに届く場合です。

手配が遅くなってしまったり、忘れていた場合には、

「のし」の表書きを変えること、忘れないでください。

◆御年賀

時期:元旦〜松の内(1/1〜1/7頃)

※関西は松の内が1/15まで、とされている為、

1/1〜1/15まで「御年賀」

◆寒中御見舞・寒中御伺

時期:松の内~立春(1/8〜2/4頃)

迷った場合、百貨店などで、

店員の方に聞いてみましょう。

親切に教えてくれますよ。

お歳暮の最低限のマナーやNG事例を御紹介

プリント

◆手渡し方

現代では、デパートなどから直接配送してもらうことが

多くなっていますね。

元々の風習としては、

風呂敷に包んで訪問するのが正式なマナーでした。

<風呂敷の大きさ>

・二幅(8×71cm)、

もしくは

・中幅(45×45cm)

を使用。

<渡し方>

先方に手渡す際、相手の前で風呂敷を解きます。

品物は、相手からみて正面になるように渡します。

お店の紙袋に入れて持参する人もいます。

この場合は風呂敷と同じように、

相手先で袋から出し、

品物は相手からみて正面になるように渡します。

マナー違反ではありませんが

お店の紙袋は略式のマナーであり、

正式には風呂敷で包むことは覚えておきましょう。

◆「水引き」と「のし」

・お歳暮で使われる水引きは、紅白5本の蝶結びです

・のし紙の中央部分の上半分に「お歳暮」と、

下半分に「自分の名前」を記入します。

※「のし」には「内のし」と「外のし」があります。

・内のし・・・のしをかけてから、包装紙で包むこと

・外のし・・・包装紙で包んである上から、のしをかけること

正式な作法は「外のし」です。

現代では配達してもらう場合は「内のし」。

持参する場合は「外のし」と使い分けることが多いようです。

◆喪中

お歳暮は、お世話になった人に感謝をこめて

品を贈ることです。

喪中だからといっても、

贈ったり、受け取ったりする事は問題ありません。

但し、お歳暮の時期を過ぎた場合は注意が必要です。

時期が過ぎたお歳暮には

  • 「御年賀」
  • 「寒中御見舞」

を表書きに使用します。

「御年賀」の「賀」という漢字には、

祝うという意味があるので、喪中の人は使えません。

年賀状と同じですね。

その為、

  • 「寒中御見舞」
  • 「寒中御伺」

などの表書き利用して下さい。

お歳暮の時期を過ぎた場合は、

松の内を過ぎてから、贈るようにしてください。

◆お歳暮を頂いた場合

お歳暮とは、普段は言えない感謝の気持ちを

伝える行事です。

頂いたからといって必ずお返し必須!!

というわけではありません。

ただし、昨今の暗黙のルールでは、

いただいた人には、

ちゃんとお返しを贈っておくほうが無難です。

贈りかえす時期が遅くなってしまった場合は

「寒中御見舞」としてお返しすると、スマートですね。

まとめ

おせいぼ03

頂く方は嬉しいですが、

贈る方は時期や内容に悩むお歳暮。

毎年忙しい年の瀬に大変です。

色々な風習や決まりごともあって面倒ですが、

最低限のルールは抑えつつ、

頑張って乗り切りましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です