快眠するための3つのツボとは?「羊」を数えても眠れませんから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心地よく快眠するための3つのツボはここ!

毎日質の高い良い睡眠をとることは、

健康に生活する上では欠かせない、

とっても重要な事です。

しかし、

疲れすぎている日、

嫌な事がありくよくよ悩んでいる日、

楽しい事があって精神が興奮気味な日など、

なかなか寝付けない日もありますよね。

そんな時に限って、

明日は早起きしなくてはならない、

重要な会議を控えていたりします。

または大切な試験があったりなどなど。

早く眠らなければと思えば思うほど、

どんどん焦ってしまって、

余計に眠れないなどという事もあります。

眠りたいのに眠れない、

そんな悪循環に陥りがちです。

しかしそんな困った夜には、

ぜひこれからご紹介する「ツボ」を、

ちょっと刺激してみて下さい。

ツボを押すだけで、

快眠にたどり着く方法を調べましたので、

いくつかご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




快眠に効くツボ①「百会」ひゃくえ

「百会(ひゃくえ)」とは、

鼻の中心を上に伸ばしていき、

両耳の位置からも上に伸ばして、

その三点が交わった場所です。

ちょうど頭のてっぺんあたりです。

頭頂部には、少しやわらかい部分がありますが、

その周りを囲み混むように指を当て、

中心に向かってゆっくり押していくと、

気持ちよく感じるかと思います。

この百会のツボをマッサージすることにより、

頭の血流がよくなります。

その結果、リラックス効果がアップし、

快適な睡眠への導入が可能になるそうです。

快眠に効くツボ②「失眠」しつみん

「失眠(しつみん)」とは、その字の通り、

眠りを失った時に押すと効果があるツボです。

位置は、足の裏のかかとのふくらみの、

ちょうど中央部分です。

ここを押すことにより、体の血流が良くなり、

全身がぽかぽかしてきます。

自律神経のバランスも整い、

その結果眠りに入りやすくなるという、

とても良い効果が得られます。

ただしかかとの裏は、

柔らかく厚みがあるので、

指でちょっと押しただけでは、

効き目がありません。

青竹ふみのようなものを踏んで刺激したり、

指の代わりに硬いものを使って押すなど、

少し強めの刺激を与えるようにしてみてください。

インクの切れたサインペンの裏なんかが、

失眠の刺激にはお手頃かもしれません。

というか、

私はそれで刺激しています(笑)。

快眠に効くツボ③「安眠」あんみん

「安眠(あんみん)」とは、その字のままです。

安眠をもたらすツボですが、

不眠症にも効くということです。

そのツボの位置は、

耳の後ろにある骨を下までたどっていき、

一番下の部分から、

指一本分さらに下に行った部分です。

ちょうど首の付け根から少し上、

うなじのあたりですね。

ここを指でぐーっと押してみましょう。

肩や首が凝った時にもこの辺りを、

よくマッサージする方もいるかもしれません。

この部分が硬くなっている人は、

睡眠が足りていない人だそうです。

時々押してチェックしてみて、

硬いか柔らかいかによって、

自分の睡眠が足りているのかどうか?

を判断するのもいいかもしれませんね。

こちらの記事もどうぞ 「睡眠の質を簡単に高める裏技」

快眠するためのツボまとめ

快眠に効くツボ①「百会(ひゃくえ)」

快眠に効くツボ②「失眠(しつみん)」

快眠に効くツボ③「安眠(あんみん)」

私達の体にはなんと、

600以上のツボがあると言われています。

そもそもツボは「経穴(けいけつ)」

というのが正式な名称です。

身体の表面にあるポイント、

という意味を持っています。

中医学や漢方医学においては、

そのツボを刺激することにより、

自律神経を整えるとされています。

身体の微調整を行い、

免疫力をアップさせて、

身体が本来持っている力を引き出し、

健康に戻すという概念です。

眠れないからといってすぐに、

サプリメントや薬に頼りがちな現代の私達。

せっかく体に調整機能である、

「ツボ」を持っているのですから、

ここをうまく刺激してみましょう。

自分がもともと持っている、

本来の力を引き出しましょう。

そして薬に頼らない快適な睡眠を、

自分で取り戻してみてはいかがでしょうか?

この三つのツボの刺激は、

どれも簡単に出来ることばかり。

眠れない日にぜひトライしてみてくださいね。

以上、快眠するためのツボをご紹介しました。

こちらの記事もどうぞ 「睡眠の質を簡単に高める裏技」

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です